8月9日(木)

20年くらい前、銀座で津川雅彦さんを見かけました。
黒い革ジャンでササっと横断歩道を渡って行く姿が、
今でもはっきり浮かびます。
うつむき加減なのに『顔ヂカラ』がありました。


8月5日(日)

子供の頃、ウチの車は「スバル360」でした。
小柄な父にぴったりのこの軽自動車でドライブする週末がとっても楽しみでした。
昨日、幕張メッセの展示会で遭遇!

いつも弟と一緒に座っていた後部座席は小さかった!
さて、明日の月曜日はジャズ&バー エムズに出演。
影山ミキさんとのデュオも楽しみです。
ドライブにちなんだ曲って「ルート66」くらいしか思いつかない私。
でもミキさんだったら、きっといろいろ知ってるんたろうなあ。


7月30日(月)

前から気になっていた指人形を使った人形劇を見に、
谷中にある小さな劇場に行ってきました。
BGMは何故か「スージーQ」!
これに乗って演じる魅力的表情の人形の動きが本当に素晴らしい!
セリフはなく、ほぼパントマイムで人形の作者が独りで演じています。
落語のようなコントや曲芸もあり、何だか寄席の雰囲気。
『酔っぱらい』ってタイトルの演目が気に入った私。
だったら、『バンドマン』(ミュージシャンじゃありません)なんてネタ、やってくれないかなあ?
っと妄想した真夏の昼日中でした。


たくさんの作品も飾ってあります。


7月26日(木)

ジャズギターが好きです。
ソロはもちろん、ベースや管楽器、歌手とのデュオやトリオなど大好きです。
ジャズバンドってほとんどピアノが入っているので、
どうしても「仕事モード」で聞いてしまいがち。
ギタージャズはほっとします。
主催しているジャズミー横丁
昨年、そんなギター2本のデュオが大好評でした。
今年も再演です。
前回は自分の出番と重なって聞けなかったけど、今年は聞くぞ〜。


7月23日(月)

清澄白河の路地でこんなのを見つけました。

むむ…、スタジオ?
入口は普通のお家のようですが…?
恐る恐るお電話してみたら、やはり貸しスタジオだそうで、
「東海林さん(ご近所!)は友達だよ。『ジャズハウンズ』も練習に来たよっ」
という訳で、10月(28日開催)のジャズミー横丁に参加してもらうことになりました。
路地裏の手作りスタジオ。
オーナーは歌とお酒が大好きだそうで…。
盛り上がること、間違いなし!!


7月13日(金)

蓼科のコンサートでレイモンド・コンデさんゆかりの方とお会いしました。
何でもご親戚のお家の元の持ち主がコンデさんだったそうで…。
戦後の日本で一世を風靡したコンデさんですから、
きっと素敵な洋館なんだろうなあ、と思いを馳せました。
今夜はジャズ&バー エムズに出演。
下間さんと私、そして影山ミキさん、
レイモンド・コンデさんにお世話になった三人です。
ゆかりの曲を演ろうかな。
フィリピン生まれのコンデさん、
「日本はフィリピンと違って、四季があっていいねえ」って、よく言ってました。
最近の日本、春と秋がとても短くなった気がします。


7月4日(水)

今週〜来週は若い女性クラリネット奏者との共演が続きます。
熊倉未佐子さんと田村麻紀子さん、
北村英治さんとの共演も多い熊倉さん、
一方、ニューオリンズでのレコーディングが好評の田村さん。
演奏スタイルは違いますが二人とも、とっても素晴らしい!!
まずは今週末、恒例の蓼科七夕コンサート
そして来週の火曜日は久〜しぶりの西荻窪ミントンハウスです。
楽しみ!!!


6月30日(土)

返還50年の小笠原、
1990年代に5〜6回、クルーズのバンドで行きました。
ホエールウォッチングや体験ダイビング、
透き通った海で初めての釣り…、毎回楽しい旅でした。
ちょうどその頃、ドラムの中嶋さんの知り合いが住んでいて、
静かな砂浜に案内してくれたっけ。
あれから20数年、
未だ船でしか行けない美しい島は変わってないのでしょうか?


(ピアノ、ときどきバンジョーでした)


6月26日(火)

朝から暑いですね。
こんな時は日陰が多い裏通り!
っとブラブラしていたら、かわいいお店を見つけました。


6月15日(金)

グレゴリオ聖歌〜バロック音楽に興味がわき、
「古楽のすすめ」(金澤正剛著)を読み出したら、とまらなくなってしまった。
昔の人々の音階や和音に対する感じ方が面白い!
千年前に聖歌隊指導のため、「ドレミ」を考えた修道士の話、
音程の法則に最初に気づいたのはピタゴラスだった、などなど。
なかでもド〜ンと来たのは、
減5度の音程(たとえば「シとファ」のような)は『悪魔の音程』として嫌われていたという事。
ジャズにはなくてはならないこの音の組み合わせ、
いままでライブやコンサートでどれだけ使って来たことか。
私のピアノ、中世の修道士が聞いたら卒倒するかも知れません。
さてさて、今夜は下間さんとジャズ&バー エムズに出演。
『悪魔の音程』、弾きまくりです。


6月13日(水)

ローマの教会で聞いたグレゴリオ聖歌、パイプオルガンの伴奏がついていました。
単旋律に三和音のハーモニーが何ともミスマッチに聞こえました。
中世(グレゴリオ聖歌の時代)に「ドミソ」のような和音があったとは思えず、
気になっていろいろ調べたら…。
三和音はやはりまだ使われてなかったようです。
「ド+ミ」のような3度のハーモニーも15世紀のイギリスで生まれたんだとか。
だから、パイプオルガンの伴奏は現代のアレンジなのかな?
和音がないからこそのグレゴリオ聖歌だと思うのですが。


6月11日(月)

話題のシンガポール、14〜5年前にドラムの中嶋さんと行ったことがあります。
当時駐在していらしたKさんのご好意でジャズクラブでライブ!
あちこち、食べたり飲んだりの楽しい旅でした。
そう言えば、マーライオン、行ってませんね。
パリに行っても凱旋門は見てないし、
どうもいつも美味しいものに気を取られているようで…。


jazz@southbridge(2004)

中嶋さんとの珍道中、興味をそそられた方はこちらのページ(7月14日の日記)をご覧下さい。


6月3日(日)

シチリアに行って来ました。
覚悟はしてましたが、とにかく暑い!!

日陰を探して歩く毎日でした。

これは港町トラーパニで食べたクスクス。
粉から練って作ったクスクスに、右の魚出しスープをかけます。
このお店は、なんと若い日本女性が働いてました。
彼女曰く「このスープ、ラーメン入れたいですよね〜」
雑味がなく、旨味のつまったスープ。ほんとに美味しかったです。


前へ バックナンバー


HOME スケジュール プロフィール CD ギャラリー リンク