2月16日(土)

昨日は「杉浦日向子の魅力」を初受講。
小雪舞う寒い午後でしたが江戸資料館の会場は満席。
着物姿の方もチラホラいらっしゃり、盛り上がっています。
興味深いお話の数々。びっしりメモを取る方もいてびっくり。
館内開催中の企画展はもちろん、
杉浦日向子原作の映画上映などもあり、
イベント全体が素晴らしいです。
ジャズミー横丁でお世話になっている副館長さんの手腕に感服しました。


2月3日(日)

アカデミー賞にノミネートされた「グリーンブっク」
主役はジャズピアニストとマネージャー(付き人?)、
舞台は1960年代のアメリカ中南部。
実話を元にしたロードムービーだそうで、
チラっと見たコンサート場面は、
ピアノ、ベース、チェロのユニークなトリオでした。
シリアスな内容のようですが、日本公開が楽しみ。


1月27日(日)

近所の資料館で「杉浦日向子の魅力」と言う魅力的な講座が始まるそうです。
杉浦日向子さん、20年くらい前にお会いしたことがあります。
バンドで乗船した「小笠原クルーズ」にお客さんとして参加されていました。
40代半ばで亡くなったので、その5〜6年前でしょうか。
船内でも楽しそうな姿を見かけましたが、
上陸した父島の食堂でバッタリ。
先に終わった杉浦さんが帽子を忘れたので、
「これ!」と渡したら、「あら」っとこぼれるような笑顔でした。
よし、「杉浦日向子の魅力」行こう!!
文化講座の受講生って人生初。
まず著作を読まなくちゃね!
っと始まる前から「文化人」になった気分の私です。


1月23日(水)

「ギターの寺井さんは凄い!」と言うので京都で聴いてきました。
地下鉄に乗ってたどり着いた閑静な住宅街にあるサロン。
ゆったりしたソファに座り、レジェンドの名演に耳を傾けました。
休憩時間におしゃべり。
京都生まれの京都育ち。「東京で演った時期もあったんやけど」
…『ほぼ京都』だそうです。
御年86の京都の宝は優しい笑顔のジェントルマン。
恐れながらの共演も楽しかった!


1月18日(金)

昨日は城英輔さん宅で新年会。
みんなで1960年代の貴重な音源を鑑賞です。
当時来日したジャズバンドのライブ録音に盛り上がった後、
「こんなのも、あるよ!」と見せてもらったのは、デキシーキングスの『ソノシート』!

4枚組でキングスの他、南里文雄とホットペッパーズ、
斉藤隆とディキーシーデュークス、
渡辺正典とクレオールシックスという、
当時の第一線バンドの素晴らしい演奏が収録されています。
うれしかったのは斉藤隆さん、沢田英二さん、平井進さん、伊藤すすむさん、
全ての曲にピアニストが参加していること。
豪華です!!

昭和36年の制作。
さすがにソノシートはハードルが高く、CDに焼いたものを聞かせてもらいましたが、
城さんの歌声は若く輝いてました。


1月14日(月)

先週のライブの写真をいただきました。


(photo by J. Inagaki)

「木場トラッド」スペシャルカルテット
私以外の3人は名門「早稲田ニューオルリンズジャズクラブ」出身。
さらにベースの新井さんとバンジョーの守屋さんは、
高校からのバンド仲間だそうで、息もぴったり!!
出身も世代も違う私。
アウェイも楽しいな、と実感した夜でした!


1月11日(金)

本所でお世話になっている高田行庸さんの写真集。
推薦文があの王貞治さんなんてカッコ良い!!

おそば屋さん、メリヤス工場、魚屋さん、薬局、、、
東京下町ならではの作品は、高田さんらしくて優しいです。
数ヶ月前にもお会いして撮影旅行の思い出話を聞いたばかり。
「しまなみ海道を自転車で走ったら最高だよ」と勧められました。
いいなあ。今年の目標にしよう!


1月4日(金)

お天気が良かった三が日、
朝の富士山や夜空のオリオン座がきれいでした。
元旦には弟と会い、「また京都で演りたいね」とお酒を飲みました。
「良いと思ったら、すぐヤレ!」の家訓は健在です!
2019年が良い年でありますよう。
今年もよろしくお願いします。


前へ バックナンバー


HOME スケジュール プロフィール CD ギャラリー リンク