12月2日(金)

今夜は20年目に入ったジャズ&バー エムズに出演。
20年目ってすごい事ですね。
オープン当初からずうっと出演されている五十嵐さんが、
「ボクの一番好きな店なんだ」とおっしゃってましたっけ。
久しぶりのベースの田野さんとのデュオ、楽しみにしています。


11月24日(木)

4年前に亡くなった中嶋由造さんの懐かしい写真が見つかりました。

90年代半ば、伊勢志摩クルーズかな?
隣のバンジョーは恥ずかしながら私です。
トランペットは鈴木正晃さん、クラリネットは谷口さん、
ベースは分かり難いけど、内山けんちゃんかな?
凄腕ミュージシャンに囲まれたなんちゃってバンジョーはデッキ限定。
ステージではもちろんピアノを弾きました。


11月11日(金)

火曜日は442年ぶりの月。
ミントンハウスライブの休憩中、
妖しく美しい月をみんなで外に出て眺めました。
良い心地で演奏も盛り上がり(過ぎ?)ました。
さて、今宵はジャズ&バー エムズに下間さんと出演。
銀座の月は、また格別ですよ〜。


11月7日(月)

一昨日の「お月見コンサート」、
主催の雲光院のみなさま、お客様、出演者一同、
本堂がみんなの優しい気持ちで一杯になり、
私にとって忘れられないコンサートになりました。
感謝する事が多すぎて、ここにも上手く書けません。
今も15年前に録音したCDを聞きながら、しみじみしています。
日高やん、ありがとう。


10月29日(土)

三年ぶりに開催の雲光院「お月見コンサート」、
いよいよ来週の土曜となりました。
由緒あるお寺の本堂でジャズを楽しみ、月を愛でながらちょいと一杯…。
本当に素敵な会なのです。
さらに今回は亡くなった日高弘さん(ご住職は日高さんの大ファン)の
思い出コンサートでもあり、姪御(日高悠里)さんも出演し、
縁のある方々が集まります。
何を演ろうかな、っと考えてたら、
あれこれ日高ジョークが浮かんでしまった。
中でも、私のお気に入りはコレ。
「ボクは月水じゃなくて、火木な男だから。
(火木=寡黙)なんちゃって…」
やっぱり、日高さんに相応しいのは楽しい曲ですね。


10月23日(日)

昨日は久しぶりの新宿バガボンド
駅近なのにちょっと迷って到着、
懐かしい階段を上がると笑顔のスタッフが迎えてくれ…、
20年前と同じ「バガボンド」がありました。
ワイワイ、ガヤガヤ、も昔のまま。
で、素敵な女性二人に声をかけられ楽しくおしゃべり。
先代が大好きだった「What a Wonderful World」を弾きながら、
変わらないって凄い、と感動しました。


10月21日(木)

「写真と言えばメールでデータ」の世の中ですが、
昨日は『プリント写真 Day』だったのか、
郵送にライブでの手渡し…、いろいろと頂きました。
浅草HUBの楽屋で笑顔の日高さん、いつの撮影なのかな。

右は今年の6月、下は先週の日曜です。
せっかくのプリントを、紹介したくてデータ化してしまった…。
お許し下さい。


10月17日(月)

昨日のジャズミニ横丁
書類が飛び散る惨事はなく(ホッ)、楽しく終る事が出来ました。
みなさん、ありがとうございました!
早速、記念写真をいただきました。

「久しぶり」ばかりの楽屋は本当に楽しそうでした。
これでみんなで打ち上げが出来れば最高ですね〜。
来年こそ!


10月11日(火)

今週末、久しぶりに主催イベントを開催します。
その重圧?って訳じゃないと思うけど…。
会場の隣でリハーサルしてたら、盛り上がって時間を忘れ、
受付の大騒ぎが聞こえて来てビックリ、
「え〜、もう始まってるの?」、
駆けつけると、たくさんの人で書類は飛び散り…。
って悪夢で目が覚めました。
昨日は後藤千香さんとピアノデュオの打合せ、
今日は雲光院で会場チェックです。
ジャズミニ横丁、一番楽しみにしてるのは私かな。


10月7日(金)

久しぶりに青森の酸ヶ湯に行きました、
前回は気づかなかった「棟方志功」の古い写真が飾ってあったので、
「いつ頃のものかなあ」と思っていたら、
持参した「街道を行く」(司馬遼太郎)に、
その時のエピソードが書いてあってビックリ。
翌朝、慌てて撮影です。

棟方志功と言えば、弟子のM子は子供の頃、
よく似たオジサンを「シンの人」と呼んでいたらしい。
志功さん → 秦の『始皇』帝 → シンの人、
って流れだそうです。


9月29日(木)

いつの間にか暑さは和らぎ、秋らしくなりました。
10月の演奏スケジュールをアップしました。
いつもの銀座や蒲田、西荻窪の他、
久しぶりの浅草…、
そして3年ぶりの『ジャズミー横丁』は、
ジャズミニ横丁として雲光院で開催します。
張り切っています!


9月19日(月)

敬老の日に、お世話になった方々を思い出しています。
吉場恒雄さん、秋山幸雄さん、秋満義孝さん、
有馬靖彦さん、城英輔さん、中嶋由造さん、
澤井慶明さん、松岡国彦さん、深堀博さん、
細川綾子さん、中西美樹子さん、坪田好さん…
戦前生まれの凄い人たち。
どこまで行っても敵いません。


9月9日(金)

先月、故郷横須賀の美術館で「運慶展」を観て以来、
鎌倉幕府がマイブームになってしまった。
そして、急に実家近くの衣笠城の素晴らしさに気づいた私、
『鎌倉殿の13人』を見ながら調べてみたら…
北条泰時の妻の「初」は後の「矢部禅尼」。
ん?「矢部」?
私の実家は「小矢部」なんです。
「大矢部、小矢部(夕焼け、小焼け)で日が暮れて〜」
子供のころ、隣町の大矢部と一緒にからかわれたのですが…。
あの「初」が出家後に住んだ土地だったなんて。
この秋は久しぶりに同級生に会いたい!


8月31日(水)

熊本の写真もいただきました。

2階席からの撮影。
ピアノはゴキゲンなスタインウェイで最高でした!
右端のトロンボーンのCaleb は29才。
熊本空港で『ワンピース』の巨大パネルを見つけ、ワオー。
日本のアニメって偉大です!


8月29日(月)

ニューオリンズバンドとの初共演。
たくさんの方々にお世話になりました。
ありがとうございました。
昨日熊本公演から帰り、ほっと一息。
浅草も熊本も夢中で、写真を撮る余裕もなかったのですが、
思いがけず、お客様からいただきました。


ニューオリンズフェスティバル@浅草公会堂)

アメリカ人(6人!)に独り混ざってのコンサート出演、
と言うのは貴重な経験(もちろん初めて)で、
改めてジャズについて深く考える良い機会になりました。
精進、精進。


8月25日(木)

久しぶりの銀座、
通りがかりの方がいろいろいらっしゃり、
楽しい演奏とおしゃべりで盛り上がりました。
帰りの夜風も何だか優しかった!
さて、今日は浅草公会堂。
来日しているニューオリンズバンドの助っ人の助っ人です。
出たとこ勝負のごきげんバンドなんですが、
急な依頼でどうなる事やら…。
ワクワクより、ハラハラ。ドキドキ。
頑張ります。


前へ バックナンバー


HOME スケジュール プロフィール CD ギャラリー リンク